東京消防庁とはABOUT TFD

東京消防庁の業務

東京消防庁には、大きくわけて6つの業務があります。東京と都民を守るためには欠かせない使命を担っており、さまざまなチームが密接に関わることで、人々の安心・安全に貢献します。

6つの主な業務

1

災害対応

  • 消火
  • 救助
  • 救急
  • 特殊災害
  • 水防活動 など
2

火災予防

  • 建物の防火安全対策
  • 建物検査
  • 危険物施設の安全対策
  • 防火・防災管理者の育成指導
  • 火災調査
  • 建物の消防同意
  • 火災予防査察 など
3

震災対策

  • 人命安全対策
  • 出火防止対策
  • 初期消火対策
  • 地域防災体制の強化
  • 消防水利の整備
  • 複合災害への対応力の強化 など
4

防火・防災対策

  • 都民生活の安全対策
  • 要配慮者の安全確保
  • 消防広報
  • 自主防災組織の育成
  • 総合防災教育 など
5

技術改良・安全検証

  • 火災性状の検証
  • 消防装備の技術改良・検証
  • 消防活動に関わる生理・心理学的検証
  • 火災に関わる物件の鑑定 など
6

教育・研修

  • 初任教育
  • 専科教育
  • 幹部教育 など

災害時・通常時の任務の流れ

災害発生

119番通報

出場指令

出場指令

災害状況を把握し、出場指令を行う

都民からの119番通報は、東京消防庁災害救急情報センターにつながり災害現場に最も近い消防部隊に出場指令が出されます。災害救急情報センターは、通報内容に応じた部隊編成と的確な出場指令を出すことで災害状況に対応した消防活動の一翼を担っています。

消火・救助・救急活動

消火・救助・救急活動

さまざまなチームが連携して被害を最小限に抑える

出場指令を受け、災害の状況に適した部隊が現場へ向かい、消火・救助・救急等の活動を行います。災害現場では、指揮隊という全体を統制する隊のもと、各隊が連携し、チームワークで被害を最小限に抑えます。

活動終了

様々な取り組み

過去の災害の教訓から学び、被害を未然に防ぐ・減らす

防災訓練

防火防災の知識を都民に普及させるため、防災訓練などを通じて防火防災意識の向上を図ります。

事業所への防火防災指導

建物の設計段階から防火に関する審査・検査等を実施し、使用中の建物には立入検査を行い、法令違反などを是正します。

技術改良・安全検証

火災性状や災害を実験などから多角的に検証することで、火災予防・対策の改良、改善に反映させます。

火災原因調査

消火活動終了後、出火原因や延焼経路などを今後の火災予防対策に活かすために調査します。