キャリアについて

キャリアについて

消防官としての基礎的な知識・技術を身につけた後、実際の業務を通じて、自らの適性や希望に応じたキャリアを築き上げていくことができます。変化を続ける東京を守るためにも、職員の成長は重要となります。

入庁後の流れ

東京消防庁では、入庁後は消防学校をスタートとして、知識、技術、経験を蓄えていきます。
その後は、職員がそれぞれの能力を活かし、自らのキャリアを切り開くことができます。職種の幅広さは東京消防庁ならではです。

入庁消防士任命
消防学校入校・卒業約1年間で消防業務の基礎を修得
消防署配置消防署に配置後、主にポンプ隊員として実務を経験
研修専門知識・技術を習得し、それぞれの分野で成長

昇任制度(消防官)

採用・配置 階級 受検資格取得年数
消防士
隊員
係員
専門系2年Ⅰ類2年Ⅱ類3年Ⅲ類4年
消防副士長
隊員
係員
1年
消防士長
小隊長など
副主任
専門系1年Ⅰ類1年Ⅱ類3年Ⅲ類4年
消防司令補
中隊長など
主任
専門系3年Ⅰ類4年Ⅱ類4年Ⅲ類4年
消防司令
大隊長など
係長
6年
消防司令長
副署長課長
消防監
署長
消防正監
部長方面本部長
消防司監
次長部長
消防総監
消防総監

※年数表記はその階級での最低勤務年数
※昇任は厳正・公平な競争試験によって決定されます。

昇任制度(事務職員)

ページトップ ↑
Page Top