消防学校について

教育プログラム

教育プログラム教育プログラム

初任教育

消防業務の基礎を修得

新たに採用された消防官は、全寮制の消防学校に入校し、消防官に求められるモラルやマナーをはじめ、消防行政に関する基礎的な知識や消防活動技術、強靭な体力、精神力を身に付けるため、初任教育を受けます。

主な教育内容

座学(関係法令等)-法学・行政概論、消防法規、組織制度、倫理・服務 など
座学(消防業務等)-消防活動知識、防災、消防機械・ポンプ、危険物、建築 など
実科-消火・救助・救急活動訓練、礼式、体育、実務研修 など

初任教育の流れ

  • 約1年間
  • 約6ヵ月間

    初任基礎教育課程

    全寮制の消防学校に入校し、実科や座学の授業により、消防官としての基礎を身につけます。

  • 約6ヵ月間

    初任実務教育課程

    消防署に配属され、災害現場での活動や事務処理などの実務を通して教育を受けます。

  • 約1週間

    初任総合教育課程

    課題研究発表などを行い、消防学校卒業となります。

約1年間
Page Top