業務を知る ABOUT JOB

本庁業務

消防行政としての重要施策の立案や、その施策の広報など東京消防庁の組織力を高める役割を担っているのが本庁業務です。
震災などの非常時でもICTを活用し安全を守るチームや通報を取りまとめる総合指令室などがあります。

  • 企画課

    消防行政のビジョンを描く

    東京消防庁の重要施策等について、企画立案、計画の策定等により、東京消防庁の将来像を描き、具現化に向けた取り組みを行っています。
    また、効果的かつ効率的な消防行政を推進するための組織体制作りや事務の監査、見直しを行っています。

  • 広報課

    東京消防庁のメッセージを発信する

    消防行政の各種施策を都民にわかりやすく伝え、理解と協力を得るために各消防署と連携して、著名人を起用した広報イベントをはじめとする広報広聴業務を推進します。報道機関への協力、情報提供の窓口にもなります。

  • 総務課

    幅広い知識と能力で、さまざまな案件に対応する

    海外からの来訪者の窓口として語学力を活かした国際協力、法務部門のプロとして各種の法律問題の解決や相談対応、式典や行事等の運営など多岐にわたり、東京消防庁の「官房部門」としての機能を果たすため、あらゆる案件に対応しています。

  • 施設課

    安全性と機能性を備えた消防庁舎をつくる

    消防活動の拠点となる消防庁舎などの施設を計画的に整備するため、建築工事計画の策定や総合調整を行っています。また、消防庁舎や訓練施設などを新築する際には、工事の設計や監理、監督などを行います。そのほか、施設や設備、工作物などを修繕して、維持保全に努めています。

  • 情報通信課

    ICTで災害から都民を守る

    震災等の非常時でも消防通信が確保できるよう、信頼性・安全性・確実性の向上を基本理念とする災害に強い通信網を構築しています。また、効率的な行政運営を行うための事務管理システム等を整備しています。

  • 特殊災害課

    万一の特殊災害に備える

    台風や集中豪雨などの自然災害、地下鉄や航空機などの特異な場所での災害、NBC災害(放射性物質、生物剤、化学物質)への対策を行います。また各現場で活動にあたる消防官の安全基準を検討するなど、最新かつ幅広い専門知識が求められます。

  • 総合指令室

    迅速に正確な情報収集に努める

    東京消防庁管内の119番通報はすべてここに集約されます。要請内容に応じて消防部隊に出場命令を指令したり、ICTを駆使した災害救急情報システムを活用して、災害情報の管理を行っています。24時間体制で災害活動を支援する部署です。

  • 救急管理課

    将来の救急施策を考える

    救急活動を効果的に行う方法の考案や、救急隊員の育成方法の計画策定が業務となります。外部の有識者で構成される救急業務懇話会や東京都メディカルコントロール協議会等も開催するなど、適切な救急活動を推進するための様々な救急施策を考え実現させています。

  • 予防課

    火災を未然に防ぐために

    予防業務に関する制度の整備や火災予防施策の計画策定等を主な業務としています。火災及び人命危険の予防措置を推進するため、建築物や工作物、消防設備、火気・電気設備などについて、様々な施策を行っています。

  • 査察課

    東京にある建物の安心・安全のために

    火災予防査察などを円滑に行うため、立入検査計画や違反処理是正計画の策定、立入検査に関する制度整備や基準策定、各消防署に対する技術指導や業務支援を行っています。そのほか、建物の安心、安全について利用する人が自分で判断できるように、立入検査によって把握した消防関係法令違反の情報を公表しています。

  • 装備課

    新しい車両や装備品をつくる

    様々な災害に対応するための消防車両・消防艇等について、性能、機能、デザインなどの検討、仕様の作成を行います。また、導入した装備が正しく運用できるよう職員に指導することも大切な業務です。機械工学などの専門知識を活用できます。

  • 消防技術安全所

    科学的な視点で現場を支援する

    消防技術安全所では、火災性状の検証や消防装備の技術改良・検証、危険物災害に関する検証、消防隊員の生理・心理学に関する検証など、災害現場における消防隊員の安全確保や効率的な活動を支える検証を行っています。また、日常生活の中で発生する事故の対策など、都民の安心、安全を守るための検証も実施しています。

Column

指令官制業務

119番通報の受信から部隊の出場指令、管理を行う

東京消防庁の指令管制業務は、23区内の通報は大手町にある「総合指令室」が、多摩地区は立川の「多摩指令室」がそれぞれ担当しています。119番通報は発信場所によって自動的にどちらかの指令室に振り分けられ「受付」担当が対応。通報者との会話で現場のより詳しい場所や状況を特定し、部隊を選んで出場指令を出します。その後は火災の場合は「無線」担当が、救急は「AC(Ambulance Control)」担当者がそれぞれ引き継ぎ、部隊を管理します。