平成30年度 
消防官募集

新着情報
  • 2018年09月26日 平成30年度の自動車整備選考案内を更新しました。 詳細はこちら。

消防に携わるものに求められるのは、人への思いやり。

消防に携わるものに
求められるのは、
人への思いやり。

消防学校教官

指導では、自らの経験や失敗談などを交え、なるべく現場の実際を伝えるよう努めています。半年の初任教育が終われば、すぐに現場です。消防業務で必要となる知識・技能をすべて身につけ、即戦力になる人材として送り出したいと思っています。大切なのは妥協しないこと。現場では過酷なこともありますが、そこで諦めてしまえば自らが後悔し苦しむだけでなく、要救助者を助けられません。

強い気持ちで臨んでほしいと思います。消防に携わる者に求められるのは、人への思いやり。「常に思いやりを持て」と、かつて教官から教わりましたが、仲間を思いやり、絆を深めることでチームワークが生まれ、それが現場で力になります。この言葉を胸に、それぞれの道を歩んでほしいと思います。

厳しい規律を
守ることを通じて、
消防官としての
感性を磨く。

消防学校学生
消防に携わるものに求められるのは、人への思いやり。

小学生の頃、急病で倒れた姉を消防職員の父が冷静に応急対応する姿を見て憧れたのがきっかけです。東京消防庁には中学の同級生や父の友人がおり、仕事や職場の実際について入校前に聞いていたので、不安よりも期待の方が大きかったです。入校当初、規律の厳しさに圧倒されましたが、寮のルールや服装の規定を守ることを通じて、消防官としての資質・感性を磨くことが重要だと気づきました。

もともと積極的なタイプではありませんが、「他人任せにするな」「人が嫌がることを率先してせよ」という教官の指導で、自分もやらなければという思いが芽生え、成長を実感しています。伝統ある組織の中で、生きた目標となる先輩の姿を間近に見ながら成長できる点が、東京消防庁の一番の良さだと思います。

消防に携わるものに求められるのは、人への思いやり。

同じ想いを持った
仲間と支え合い、
成長できた。

消防学校学生

東京消防庁を志したきっかけは、大学生の時に起きた東日本大震災です。東京消防庁の隊員が被災地で懸命に救助にあたる姿に打たれ、この道に進むことを決意しました。入校してからの訓練は厳しく、できない自分に落ち込むこともありました。ですが知識・技術・精神力を身につけ、自分の力で何事もできるようにならなければ、現場で命は救えません。女性の同期と一緒に体力錬成に取り組み、自主

訓練を重ねることで少しずつ体力がつき、できることが増えました。苦しくても悔しくても同じ想いを共有できる仲間と支え合いながら成長できたことが一番大きいと思います。1日も早く現場で貢献できる人材になりたいと思います。