平成30年度 
消防官募集

新着情報
  • 2018年09月26日 平成30年度の自動車整備選考案内を更新しました。 詳細はこちら。

Q1

在職者に占める女性消防官の割合について

Q2

女性消防官の主な仕事について

Q3

女性消防官の
年代別割合について

Q4

出産後の職場復帰について

消防署 防災安全課 地域防災担当 平成22年入庁 消防署 防災安全課 地域防災担当
平成22年入庁

女性職員インタビュー

分析・鑑定の仕事で身についた
確信が持てるまで徹底する姿勢

大学時代に学んだ化学の知識を活かしたいとの気持ちもあり、「原因調査を通して火災被害で悲しむ人を少しでも減らしたい」と考えたのが当庁を志望した一番の理由でした。もちろん自分が希望する業務に就けるとは限りませんが、「東京消防庁の業務は幅広く、自分を活かせる職場が必ずある」と聞き不安なく入庁を決めました。そして本当に幸運だったと思うのですが、入庁4年目、初めての異動で「消防技術安全所」に移り原因調査に携わることができました。私が配属されたのは危険物質検証課で、署の調査担当者などの調べで放火等の疑いがあったとき、現場の残渣物からガソリンなどの危険物が含まれていないかを分析するのが主な仕事。裁判にも使われる鑑定書に自分の名前が記されるため、例え上司や先輩の意見でも鵜呑みにはせず、自分が確信を持てるまで仕事を貫く姿勢が身につきました。

あらためて実感している
地域防災業務の大切さ

2年間の技術安全所の後は都心の消防署で地域防災を担当していますが、人との意外な巡り合わせに驚いています。最初の配属署でお世話になり、地域防災という仕事の魅力とやり甲斐を教えてくれた上司や先輩が今の署に集まってきたのです。入庁1年目に署独自で防災訓練のイベントを立ち上げることになり、企画や運営に一緒になって汗を流してくれたのがその方たちでした。当時の上司が今の署の署長。前向きさは以前と変わらず、地域特性に合わせた防災イベントを積極化しようとハッパをかけられています。
今の管轄エリアには多くの外国大使館があり、要請を受けて大使館の中で防災訓練を行うこともよくあります。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け訪日客が増える中、定期的な防災訓練などによって大使館との関係を深めることも有意義な活動だと感じています。

消防署 警防課 ポンプ車機関員 平成24年入庁 消防署 警防課 ポンプ車機関員
平成24年入庁

女性職員インタビュー

消防の活動はチームワーク
体力のハンデは乗り越えられる

テレビなどを通して災害現場で活躍する姿を見て、消防官は小学生の頃から憧れでした。ただ不安だったのは、体力的にハンデのある女性が男性と同じように現場活動ができるのか、ということ。それでも実際に女性消防官も現場で活躍しているのだからと、入庁を決めて本当に正解でした。入庁後の研修で確実に体力がつき、ポンプ隊員として活動し始めてから、隊は適材適所のチームワークによって動くことを知りました。さらに新たな目標も発見。それが特別な技術が求められる「ポンプ車機関員」でした。私がポンプ隊員として活動したのは1年半ほどで、その後は2年間、指揮隊の伝令を務めました。災害現場には通常、ポンプ隊やはしご隊など5〜7隊が出場しますが、現場の状況や各隊の活動状況などの情報を集めて指揮隊長の判断を助けるのが伝令の役割。管内で発生したほぼすべての事案に出るため、様々な災害対応の経験を得るとともに、現場での消防全体の動きを知ることができました。

目標だったポンプ車機関員になり
次に目指すのは、はしご車機関員

伝令を務めている間に大型自動車免許など必要な資格を取り、1年半前からポンプ車機関員を担当しています。機関員を目指しているのは早くから周囲に話していて、皆さんが応援してくれたのは本当に心強かったです。ポンプ車機関員になってあらためて感じるのは、機関員はポンプ隊の皆の命を預かっていること。現場に早く着かなければと気が急くのは当然ですが、安全・確実に到着しなければ何も始まりません。そのために、非番のときはよく管内を回って道路や水利の状況を見て回っています。
そして現在、目標にしているのは、はしご車の運転・操作もできる「特別操作機関員」。実は、署に配属されたばかりの頃に出会った女性の先輩がはしご車機関員で、そのときから憧れてきました。はしご車の操縦にはより高度な技術が必要で、その分やり甲斐も大きいはずです。

都民の暮らしに密接な東京消防庁の業務には、女性や母親ならではの感性や経験が活きるものも少なくありません。
出産・子育てという、生活が大きく変わり忙しさが増す時期にも安心して仕事を続けることができ、それを新たな強みにしてもらえるよう、
私たちは女性職員の子育てと仕事の両立を支援しています。また、それぞれの職場でママさん職員の忙しさを理解しサポートする意識も根づいています。

  • 妊娠出産休暇
    産前から産後、合計で最大16週取得することが可能で
    多くの職員が使用している制度です。
  • 育児休業
    子供が生まれたあと、最大3年間の育児休暇の取得が可能です。
    男性職員も取得することが可能です。
  • 育児短時間勤務制度
    様々な勤務体系が設けられています。週3日で8時間勤務、週5日で5時間の勤務など、
    出勤時間・出勤日数を育児の状況にあわせて、選択可能です。
  • 部分休業
    育児の状況にあわせて、出勤前後最大で2時間以内の部分休業が可能です。
    勤務毎に申請し使用します。
警防部 総合指令室 平成13年入庁 警防部 総合指令室
平成13年入庁

女性職員インタビュー

利用している制度育児休業

双子の子育てのために
夫婦揃って1年間の育休を取得

双子を育てながら、時間短縮勤務で元の職場に復職しました。元の職場とは、総合指令室。119番通報を受け、部隊の出場指令や現場活動の管制を行う交替制・24時間対応の部署ですが、復職後は指令管制員をバックアップする立場で仕事を続けています。時短勤務の形は本人の希望で選ぶことができ、私は出勤を1時間遅く、退勤を1時間早めて勤めています。
最前線の指令管制員にも、子育てをしながら勤務している女性は少なくありません。だから育休や復職にとくに不安はなかったのですが、想定外だったのは授かったのが「双子」だったこと。正直、2人の赤ちゃんを育てながら仕事に復帰するのは無理ではないかと思いました。ところが、そんな不安を打ち明けると、同じ東京消防庁で働く夫が1年間の育休を取ってくれたのです。制度が充実している当庁でも、男性が1年もの育休を取る例は多くありません。この間に夫婦2人で子育てをするペースをつかめたおかげで無事復職することができました。

何かと注目を集める中
地道に実力を培い自信も獲得

「火災現場で活動したい」。それが小さい頃からの私の夢でした。その実現のため就職活動では複数の消防本部を受けたのですが、当時、女性が現場でも活動できるのは東京消防庁だけ。また、警防業務には火災現場に限らず様々な職種があり、活躍の場が広いことも入庁の決め手になりました。最初に配属された署で8年間、ポンプ隊員やポンプ車機関員などを務め、異動して3年間は指揮隊の伝令や通信担当を担いました。
今から10年ほど前の当時はまだ、現場の部隊で活動する女性は珍しい存在。注目を集めることも多かったのですが、各隊の日頃の訓練の成果を披露・審査する「効果確認」という場で、1人のポンプ車機関員として力を発揮し、賞を受けることができたのは大きな自信になりました。