東京消防庁

2019年度 消防官募集

PAGE
TOP

PAGE TOP

東京消防庁で働く

勤務体制

交替制勤務

交替制勤務の1か月※21日を1サイクル
※日勤日の勤務時間は8:30〜17:15

災害発生時は、すばやく的確な対応が必要となります。
東京消防庁では、ポンプ隊、救急隊、特別救助隊などが24時間体制で勤務にあたっています。
出場指令がない間も、さまざまな訓練や体力トレーニング、事務処理などの業務を行います。

※21日を1サイクル
※日勤日の勤務時間は8:30~17:15

指揮隊員(伝令)として
隊員の安全を守る

ポンプ隊員として様々な火災に出場しました。その際に学んだのが隊ごとの任務付与、役割分担の大切さです。災害現場において広い視野で実態把握、状況判断を行い、出場している各隊に指示・命令を出して災害現場を統制するのが指揮隊です。私は指揮隊の伝令として、大隊長の命令を簡潔に伝えるなど、部隊の安全な活動を支えています。

オン・オフ全力投球で
日本代表選手に

私はインラインホッケーのクラブチームに所属しており、アイスホッケーでも大学の監督として指導を行っているため、休日はホッケー中心の生活です。仕事で鍛えた体力と精神力がインラインホッケーでも好成績につながり、毎年日本代表選手に選出されています。

両立できる感謝の想いが
相乗効果に

インラインホッケーで毎年10日間前後の海外遠征があります。業務に支障のないよう計画的に休暇を取得できているのも、上司の理解や仲間の応援があるからです。両立できることがさらにモチベーションとなり、仕事も趣味も全力で打ち込めています。

  • 大交替

    当番日は大交替でスタート。人員の確認、資器材の点検を行い、前日の当務員から任務を引き継ぎます。

  • 出場

    出場指令があると素早く出場。消火・救助活動だけでなく、災害後には火災原因調査も行います。

  • 訓練

    毎当番行われる、はしごやロープを使ったさまざまな消防活動訓練。昼夜問わず迅速に活動できるよう訓練に励みます。

  • 体力錬成

    訓練に加え、仲間と共に体力トレーニング。こうして強靭な身体とチームワークを育みます。

  • 事務処理

    総務、警防、予防などの担当事務を行います。出場報告書や、機関員であれば管轄区域の地図作りも大切な仕事です。

交替制勤務 紹介ムービー

毎日勤務

毎日勤務の1か月

週休2日制で勤務を行う職員を毎日勤務員といいます。
主に予防業務や本庁業務に就いている職員のことであり、来庁者や防災に関する問合せ対応、
火災予防査察や防災教育など、都民の方々と触れ合う機会が多くあります。

指令室と
他の消防本部などとの
情報共有を進める

私は現在、多摩指令室の管理係で、他の消防本部などの視察や意見交換会の対応を主に担っています。この仕事で重要なのはスケジューリング。指令室員たちの通常業務にいかに影響を与えず、どうすれば外部との交流をより意義深いものにするかを常に考えています。

消防官の夫と家事を分担。
休日は子供のために
電車三昧

当庁で交替制勤務をしている夫と、家事と子育てを分担しています。掃除・洗濯は主に夫、料理は私といった分担です。平日は子供とあまり遊んであげられない分、休日は子供中心。4歳になる息子は電車に夢中で、今では私も電車好きになり、色々な電車を見るために出かけるのが家族の楽しみになっています。

1人になったときの
気分転換は
普段はできない
手の込んだ料理

夫と子供が出かけて1人になったときにやるのは、少し手の込んだ料理。料理のことだけに集中するのは良い気分転換になります。他にも同期や同僚の子育て仲間と、子供連れでも気兼ねなく過ごせる店などに集まって、仕事や家庭について情報交換したり、相談し合うのも大切な時間です。

  • 来庁者・電話対応

    届出や申請、建物の新築・改修等に伴う事前相談に訪れる設計・施工業者への対応を行います。また、防災に関する問合せにも答えます。

  • 事務処理

    来庁者や電話の合間を縫って、届出関係の書類の審査・整理、検査の準備などのデスクワークを行います。

  • 建物検査

    建築工事中や工事完了後の建物に足を運び、防火に関する基準を満たしているかどうかを確認します。

  • 防火査察

    すでに使用されている建物へ立ち入って、消防設備の設置・維持管理の状態や避難経路の管理状況などを確認します。

  • 防火・防災管理指導

    建物の防火・防災管理者をはじめ、そこで働く従業員に対して、防火・防災対策や自衛消防訓練などの指導を行います。

毎日勤務 紹介ムービー