東京消防庁令和2年度 職員募集

07職員紹介

施設課 施設保全係

地域の防災拠点となる
消防署庁舎
建築の知識を活かし
安全利用を推進


  • 総務部施設課
  • 平成25年入庁
  • 中部地方出身

学生の頃、東日本大震災の影響により福島第一原発内で起きた原子力事故。危険と隣り合わせの状況にもかかわらず、人のために果敢に活動する消防隊員の姿にとても憧れました。しかし、大学で建築を学んでいた私は建設会社や設計事務所などの専門的な分野で就職活動を行っていました。新卒で建設会社に入社した後、建設物を利用する人の安心・安全に興味を持ちはじめました。同じ頃、一緒に建築を学び、卒業後は東京消防庁に入庁した同級生から「消防官は人のために働き、建築の知識も活かせる」と聞いたことが消防官を目指すきっかけでした。
現在所属している施設課では、庁舎の改修工事を担当しています。おおよそ2年ほどかけて設計から工事までに携わり、1年目は予算や標準的な仕様が決まっているなかで改修方法や方針を決めて設計を行い、2年目から実際に形にしていく工事を行います。工事の際には予算や工程の管理を徹底し、設計通りに施工していくことが務めです。業者と何度も話し合いを重ね最適な工程や作業工程を決定し、現場でも実際に自分の目で確かめながら進めていきます。無事に竣工し、安全な施設利用に貢献できることは達成感があります。また各消防署が地域の防災拠点としていつでも機能できるよう、消防署の施設担当者に対し、予防保全の推進を指導しています。消防署という町に必要不可欠な建物を担当する責任は重大ですが、その分、大きなやりがいを感じています。

TOPIC 01

予防課の建築担当として
専門性を発揮できる
場所がある

消防署に所属していた頃は、予防課予防係で建築担当をしており、新築の建物が消防法や建築基準法などの防火に関する規程に適合しているかを審査や検査をしていました。設計図を見ながら業者と専門的な意見交換ができ、自分の知識や経験がフルに活用できました。管轄するエリア内では密集する商業地域で狭い土地に建物を建てるため、限られたスペースに消防用設備等の設置を指導する難しさがありました。その後の異動先では、倉庫や研究所、商業施設などの広大な敷地の中で“効率よく避難導線を確保できるか”など課題として挙がりました。倉庫や工場では連続した機械など大きな設備を設置するため、区画の仕方や消防用設備の設置に配慮が必要です。また、百貨店など大きな商業施設は大勢の人が集まることを想定した避難導線の確保が重要です。建物の設計段階から防火・防災の指導を行い、安全に事故なく利用できる建物を建てることが自分の使命であり、携わった建物を見ると非常に誇りを感じました。そうした予防業務に携わるうちに、多種多様な着眼点を理解し自分の知識をさらに広げていきたいと思うようになったことが、現在の総務部施設課の業務に繋がっています。

TOPIC 02

消防署の機能を止めず
不具合を未然に防ぐ使命感に燃える

総務部施設課の業務はより高度な建築・消防の知識を磨き、活かせる職場です。庁舎の改修工事は施設を“消防署”として利用を継続しながら行う工事であるため、消防署業務に支障をきたすことなく施工することが重要です。以前、庁舎内の階段の劣化が激しく、改修をせざるを得ないケースがありました。しかし庁舎内に階段が1つしかなく、出場だけではなく日常的に必要不可欠な場所でした。施工業者や所属の担当者とも協議をした結果、誘導員を配置し、内側と外側に二分割し施工をしました。その結果、支障をきたすことなく工事は完了し、署員に喜んでもらえたのは誇らしかったです。当たり前のように利用している建物も不具合が起こって初めて大切さを知ります。万が一施設内の不具合が起こってしまうと、緊急車両の出場に影響を与えることもあります。不具合を未然に防ぎ、発生リスクを低くすることが施設課の私たちの使命であり、消防署で働く人の安全を守ることが、ひいては都民の安全を守ることにつながると考えています。

CHALLENGE

施設担当の
知識向上を図るとともに
指導・育成に力を注ぎたい

現在、各消防署の施設担当者は、施設担当者としての経験が浅い人が多い上に、建築の専門知識が乏しく、効率的に業務を進められていないのが現状です。その問題を解消するためにも、施設担当者の指導・育成をする必要があります。私は以前より、建築学科を出た職員でなくても、建築の知識を持つ職員を育成・指導する立場になりたいと考えており、最近は消防署に対する教養で指導する資料として、初めて施設担当者になっても不安にならないようにわかりやすい資料づくりに努めています。施設担当者の知識向上を図っていければ、各消防署が主体となって、防災拠点としての機能強化ができると考えています。今後もそういった組織になるよう貢献していきたいです。

CAREER STEP

  • ポンプ隊員
  • 予防係員
  • 総務部施設課(本庁)