東京消防庁令和2年度 職員募集

06職員紹介

査察係

火災を未然に防ぎ、
建物の安全を担保する
予防の地道な努力が
多くの命を救う


  • 消防署
  • 予防課
  • 査察係
  • 平成26年入庁
  • 関東地方出身

私が東京消防庁を目指したのは、東日本大震災で消防救助機動部隊の活動に心を打たれたことがきっかけです。しかし、採用試験の準備で消防の仕事を調べるなかで、火災やその被害拡大を「予防」することで多くの人の命を救うことにつながると知り、予防業務に携わることが一番の入庁動機になりました。
現在は予防課の査察係員として、管轄するエリア内の建物やテナントを一件一件訪問して立入検査を行い、消防法令違反に対する指導や警告などを行うことのが日常業務です。違反行為に対して通知を行いますが、「うちは一度も火事を起こしたことがない」「そんなの直しても意味がない」という様々な意見をいただくこともあります。消防設備の設置には費用がかかることもあるため、大きな工事をせずに費用を抑えられる代替え設備の提案など、別の方法も一緒に知恵を絞って考えます。指導するだけではなく、“なぜ改善が必要なのか”という問題意識を共有することで、自主的な改善を促すことも査察係の重要な役割です。

TOPIC 01

目標を持って挑んだ
資格取得がキャリアを拓く

予防業務には私が担当している、建物の消防法令違反を検査する「査察係」だけでなく、新築建物の消防設備等を審査する「予防係」、事業所の防火・防災管理者の選任や消防計画などの指導を行う「防火管理係」、危険物の規制・管理に特化した「危険物係」、火災原因などを調べる「調査担当」があります。そういった様々な予防業務の中で、私は「上級予防技術研修(査察課程)」の選抜試験に合格し、1期生として「上級査察」の資格認定を受けました。認定資格の取得によって査察係への異動となり、目標とするキャリアへの道が拓けるのも東京消防庁の魅力です。研修の同期は皆、一緒に最新の消防設備や技術について学び、志を同じくする良い仲間ができました。勤務する署は異なりますが、お互い切磋琢磨することで、非常に良い刺激になっています。

TOPIC 02

関係者の予防意識を高め
行動を起こす動機付けに

私が所属する消防署の管轄区域内には飲食店が非常に多い地域です。ポンプ隊員として活動していたとき、厨房天蓋に付着した油に炎が着火し、排気のためのダクト全体に火が燃えわたる現場に何度も遭遇しました。ダクト火災の恐ろしいところは、炎が1店舗に留まらずダクトを伝ってビル全体に火や煙が充満してしまう非常に危険な火災です。このように、私が火災現場で実際に体験した話を交えて、説明をすると説得力が増し、検査対象者は消防法令違反を改善してくださいますが、円滑に改善されない場合は、指導や警告などの段階を踏む場合があります。こういった指導や警告は段階を踏むごとに違反措置があります。一番の目的は、その建物を利用する不特定多数の方々の命や安全を守ることです。関係者が理解し納得できるよう、わかりやすい説明方法や、何度もアプローチを行い、問題として意識し、自主的に改善してくださるような関係性を私はとても大事にしており、交渉力も磨かれていると感じます。

CHALLENGE

「予防のゼネラリスト」を目指し
多角的な知見を磨きたい

現在の目標は、管轄区域内だけでなく、都全体の査察業務に携われる本庁の査察課機動査察係で勤務することです。機動査察係は、三部制による24時間体制で繁華街等の査察執行を任務とし、各消防署の相談窓口となり、査察業務の技術的指導や支援を行います。より難しい業務に挑戦して、スキルを高めたいです。そして、将来の長期的なキャリアを考慮し、目標は「予防のゼネラリスト」です。予防のなかでも1分野だけに特化するのではなく、5分野全てで上級資格を取得して業務に精通し、多角的な知見を持った人材になれるようチャレンジしていきたいです。

CAREER STEP

  • ポンプ隊員
  • 査察係員