デジタル化推進担当

DX
PROMOTER
デジタル化推進担当

SCROLL

ABOUT DX PROMOTER

デジタル化推進担当を知る

業務紹介

東京消防庁DX推進チーム:デジタル化推進担当
デジタルの力で首都東京の未来を守る!

東京消防庁では、消防行政におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するため、令和3年4月に「デジタル化推進担当」を新たに発足しました。
「都民の安全・安心の向上」「都民サービスの向上」に向けて、デジタル技術をいかに消防、救急、防災業務に効果的に取り入れていくかは、首都東京の未来を守るために必要不可欠です。
DX推進チームである「デジタル化推進担当」では、東京消防庁のDX推進の旗振り役・けん引役として、東京都デジタルサービス局等と連携しながら、消防行政手続のデジタル化、消防指令システムや消防行政基幹システムの高度化、消防・救急活動への先端技術の実装、防災データ利活用推進、デジタル人材育成等に向けた各種DXプロジェクトを推進しています。

CLOSE

組織紹介

働き方

一日の働き方(例)
一日の働き方(例)

08:30

業務開始

10:00

チームミーティング
資料作成・情報分析

12:00

昼食休憩

13:00

本庁内各課等との打合せ
東京都DX会議への参加

15:00

DX推進会議

17:15

業務終了

資料作成・情報分析
資料作成・情報分析

デジタル化推進担当ではフリーアドレスを取り入れています。また、個人で集中して作業に取組みたい時は集中ブース、情報共有やディスカッション等を行う時はミーティングスペースなど、業務目的に応じたオフィス環境が用意されています。

本庁内各課等との打合せ
本庁内各課等との打合せ

東京消防庁の各種DXプロジェクトを推進するため、本庁各課が抱える課題の本質を深堀りするためのヒアリングや課題解決に向けたプロジェクト管理を行っています。
また、都内各消防署、東京都デジタルサービス局、総務省消防庁等との打合せは、会議の目的に応じてWeb会議で行っています。

DX推進会議
DX推進会議

東京消防庁のDXを強力に推進するため、各部の部長等で構成される改革本部会議では、「DX推進による庁内の構造改革・業務改善」に向けた議論を行っています。具体的には「行政手続のデジタル化」「消防・救急活動への先端技術の実装」等の6つの推進テーマを掲げて検討を進めています。

CLOSE

就業場所

就業場所
東京消防庁本部庁舎(本庁)
東京都千代田区大手町1-3-5

就業場所は、東京消防庁の本部庁舎(本庁)となります。
本庁は、東京消防庁全体の統制や指揮、施策の企画立案、業務規則の作成等を行う、東京消防庁の中枢を担う部署で構成されており、社会情勢の変化を捉えて都民の様々なニーズに対応し、組織をアップデートしていくために各分野で業務を行っています。それぞれの分野が協力し合うことで、未来の東京消防庁が創られていきます。

CLOSE

デジタルで首都東京の未来を守る!
消防行政のDXを加速化!
デジタル人材(課長代理級)を募集します!
MESSAGE

「消火・救助・救急など人の命を守るための災害対応活動」や「災害の被害を最小限にするための予防・防災安全業務」を担う東京消防庁のDXを推進することは、1,400万人の都民一人ひとりの未来を守ることに繋がります。
ぜひ、あなたのデジタルスキルとこれまでの経験をこの大きな舞台で生かしてください。

応募詳細は
こちら