キャリアステップ

CAREER STEP キャリアステップ

SCROLL

消防官としての基礎的な知識・技術を身につけた後、実際の業務を通じて、自らの適性や希望に応じたキャリアを築き上げていくことができます。
変化を続ける東京を守るためにも、職員の成長は重要となります。

ABOUT SYSTEM

システムを知る

キャリア

入庁後の流れ

東京消防庁では、入庁後は消防学校をスタートとして、知識、技術、経験を蓄えていきます。
その後は、職員がそれぞれの能力を活かし、自らのキャリアを切り開くことができます。
職種の幅広さは東京消防庁ならではです。

  • 消防官

  • 入庁

    消防士任命

  • 消防学校入校(毎日勤務)

    全寮制で6か月間、消防業務の基礎を修得する。

  • 消防署配属(交替制勤務or毎日勤務)

    災害現場での活動や事務処理などの実務教育を受ける。

  • 消防学校総合教育

    消防学校に通いで4日間、職員としての自覚やキャリア形成に関する教育を受ける。

  • 消防学校卒業

  • 研修

    専門知識・技術を習得し、それぞれの分野で成長する。

  • 一般職員

  • 入庁

    入庁前に配属先が決定する。

  • 消防学校入校(毎日勤務)

    通いで約1か月間、消防業務の基礎を修得する。

  • 消防学校卒業

  • 本庁or消防署配属(毎日勤務)

    配属先で実際に働き始める。

  • 研修

    専門知識・技術を習得し、それぞれの分野で成長する。

CLOSE

人事制度

職員の階級と職務

階級等 職務 職級
(事務職員含む)
消防士 消防士 隊員 係員
消防副士長 消防副士長
消防士長 消防士長 小隊長等 副主任
消防司令補 消防司令補 中隊長等 主任
消防司令 消防司令 大隊長等 係長
消防司令長 消防司令長 副署長/課長 等
消防監 消防監 署長等
消防正監 消防正監 学校長/方面本部長等
消防司監 消防司監 次長/理事/部長
消防総監 消防総監 消防総監
CLOSE

研修制度

入庁後の流れ
専科研修

救急救命士の養成をはじめ、救助、機関、放射能などの業務に従事する職員に対し、それぞれ専門的な知識、技術を習得させるための教育訓練を行っています。

特別救助技術研修/水難救助技術研修/特別操作機関技術研修/ポンプ機関技術研修/機動二輪活動技術研修/救急救命士養成課程研修/救急救命士処置拡大(低血糖・ショック)特別研修/救急標準課程研修/化学災害技術研修/予防技術研修 など

特別研修

現任の職員に対し、特定の事項についての知識・技術を修得させるために実務的訓練を行っています。

経理関係事務特別研修(基礎課程)/経理関係事務特別研修(実務課程Ⅰ)/経理関係事務特別研修(実務課程Ⅱ)/経理関係事務特別研修(管理課程)/救急救命士処置拡大(薬剤投与)特別研修/救急救命士処置拡大(気管挿管)特別研修/救急隊長特別研修/救急救命士実務特別研修/予防実務特別研修(基礎課程)/予防実務特別研修(査察、予防、防火管理、危険物)(専門課程)/予防実務特別研修(火災調査課程)/予防実務特別研修査察(予防、防火管理、危険物)(管理課程)/情報通信システム指導者(情報課程)特別研修/情報通信システム指導者(通信課程)特別研修/実火災体験型訓練指導者養成特別研修/NBC災害基礎特別研修/消防団教育訓練指導者特別研修/機関員指導者養成特別研修 など

管理者・幹部研修

人格の陶冶、業務管理能力、部隊指揮・統率力等、管理監督者として必要な能力の伸張を図るための教育訓練を行っています。

部長等研修/参事等・署長・副本部長研修/署長任命予定者研修/副署長任命予定者研修/本庁課長・副参事等・副署長等研修/新任副署長研修/警防課長研修/予防課長研修/上級幹部研修(消防司令長新任課程)/中級幹部研修(消防司令新任課程)/初級幹部研修(消防司令補新任課程)/初級幹部研修(消防士長新任課程) など

委託研修
外部研修機関

外部教育機関への委託研修で業務に必要な専門知識と技術を身につけます。

大型自動車免許取得委託研修/緊急自動車運転技能向上委託研修/海技従事者養成委託研修/航空従事者養成委託研修/支援デブリーファー養成研修 など

大学院や研究機関

消防行政に活かすことを目的に、大学院研究室などで先端的な学術知識を修得します。

東京都立大学大学院 都市環境科学研究科/東京都立大学大学院 経営学研究科/政策研究大学院大学 政策研究科 公共政策プログラム /筑波大学大学院 システム情報工学研究群 /筑波大学大学院 人間総合科学研究群/東京理科大学大学院 理工学研究科/東京大学 工学系研究科/電気通信大学大学院 情報理工学研究科/横浜国立大学大学院 環境情報学府/国立研究開発法人 防災科学技術研究所/株式会社三菱総合研究所/総務省 消防庁 消防大学校 消防研究センター/株式会社インターネットイニシアティブ/大学医学部付属病院 など

主な庁内専門技術の取得例

主な庁内専門技術の取得例

高度な救助技術で命を救いたい

高度な救助技術で命を救いたい

消防車両を運転・操作したい

消防車両を運転・操作したい

救急・救命処置をしたい

救急・救命処置をしたい

災害による被害を未然に防ぎたい

災害による被害を未然に防ぎたい
CLOSE

ABOUT PEOPLE

人を知る

研修生インタビュー

TRAINER

01

病院委託研修生

救急部 救急管理課
平成25年入庁 関東地方出身
病院委託研修生 救急部 救急管理課 平成25年入庁 関東地方出身

委託研修のきっかけ

上司の後押しで、一年間にも及ぶ病院内での委託研修を決断しました。

大学病院の救命センターでの委託研修は、以前の上司が勧めてくれました。救急隊員は、基本的に救急外来で傷病者を病院に引き継ぎます。しかし、今の委託研修では普段の活動だけでは知り得ない傷病者を引き継いだ後の病院内のことを学ぶことができます。入院後の患者さんの経過や、カンファレンスにも参加できる機会があり、今後の救急活動に活かせることがたくさんあります。

委託現場での研修内容

新しい技術を学ぶために、
実践での研修を行っています。

研修では、救命救急センターに搬送されてきた傷病者に対し、医師や看護師の治療サポートを行いながら救急医療に関する知識や技術を学んでいます。また救急救命士でなければ行えない「気管挿管」の処置ができるように実習を行います。

どのように実務に活かしますか?

将来の目標は、救急隊長。
得た知識や経験を活かして、
さらに上を目指していきたい。

現場と病院内の両方を知ることで、今後の救急活動がよりスムーズに行えると思います。現在は様々な患者さんを看ながら、「この症例に自分が現場で遭遇した時はどういう活動をするのか」を常にイメージしています。研修期間中に得た貴重な知識や経験を活かして、指導的立場の救急救命士になれるよう、努力していきたいです。

TRAINER

02

大学等委託研修生

防災部 震災対策課
平成26年入庁 中部地方出身
大学等委託研修生 防災部 震災対策課 平成26年入庁 中部地方出身

委託研修のきっかけ

防災を専門とする「防災部」。
そこで働きたい一心で、東京消防庁に入庁。

中学1年生のとき、私は新潟県中越地震で被災しました。その経験から自然災害による被害を事前に防ぐ「防災」に興味を持った私は「防災を学びたい」と進学先を決め、「防災部で働きたい」と東京消防庁を目指しました。最近は地球の異常気象により風水害の発生危険も高まっています。「大学で学んだ知識だけでは、とても希望する防災部では活躍できない」と思い、入庁3年目で大学等委託研修制度に挑戦しました。

受講内容

テーマは首都直下地震。
地震火災から人々を守るため、
強い使命感で学んでいます。

現在、筑波大学大学院の都市防災研究室に派遣されています。1年生の前期は地震や火災をはじめ水害、雪害、原子力災害、津波災害など幅広い分野の知識を深めました。後期からの専門分野の研究課題は、首都直下地震に備え、都内の住宅密集地が火災になった場合の対応策など「都市の地震火災」です。事例も少なく参考文献も古く苦労していますが、今の東京都になくてはならないテーマだと考えています。

どのように実務に活かしますか?

防災のプロフェッショナルとなり、
国や東京都、区市町村と連携した、
防災対策をつくっていきます。

まだ2年間の研修途中ですが、集大成となる研究論文はやはり、首都直下地震対策において役立つものにすることが目標です。また、防災対策は東京消防庁だけでなく、国や東京都、区市町村との一体的な取り組みが必要です。今後、他の機関に出向して経験を積みたいですし、私自身が防災のプロとして、東京消防庁と各関係機関が円滑に連携する防災業務に挑戦していきたいです。

CLOSE

キャリアモデル

MODEL

01

大隊長(消防司令)

消防署 大隊長
平成16年入庁 福岡県出身
大隊長(消防司令) 消防署 大隊長 平成16年入庁 福岡県出身

災害対応だけではない
当庁の幅広い仕事を知り、様々な経験を積む

災害対応業務だけでなく、様々な経験ができるのではないかという期待から、東京消防庁を志望しました。これまで私が経験してきた業務は多岐にわたり、入庁動機のとおり様々な経験をすることができました。指揮隊伝令やはしご隊長などの災害対応業務の他に、緊急消防援助隊としての活動や市区町村への派遣などを経て、現在は災害現場の最高指揮官の大隊長として活動しています。初めに配属された消防署では、ポンプ隊員から始まりました。入庁7年目に消防司令補に昇任したタイミングで、研究機関で学ぶ委託研修に興味を持ち、株式会社三菱総合研究所に出向しました。委託研修先では地域の活性化に関わる研究や調査、新たに公共ホールを開設するにあたっての条例整備や運営方法、料金設定の計画などを担当しました。消防業務に密接した仕事ではありませんでしたが、違う環境の中で他の官公庁や民間企業から出向して来た様々なメンバーとともにプロジェクトを進めるという経験は、非常に貴重で勉強になりました。また、プロジェクトの成功を収めるまでの多様な視点や、業務を効率的かつ効果的に進めるスキルを養うことができました。委託研修時にともに働いていた他業種の職員との人脈を築くことができ、その後の仕事でも様々な形で経験が活きています。

大隊長(消防司令) 消防署 大隊長 平成16年入庁 福岡県出身

大規模災害での活動を通じて知った
他官公庁や地元住民との連携の重要性

東京消防庁は、国内で発生した大規模な災害時における人命救助を効果的に行うため、被災地へ赴き人命救助活動を行う部隊があります。はしご隊長として勤務していた際に、東日本大震災の被災地に緊急消防援助隊として派遣され、人命救助に携わりました。さらには、伊豆大島土砂災害と御嶽山噴火災害では、警防部警防課の一員として緊急消防援助隊の派遣計画や、被災地での災害活動の統括・指揮にあたる業務を担当しました。伊豆大島土砂災害では、他県の消防本部の緊急消防援助隊を「受け入れる」立場であり、前例のない現場であったことから判断力と決断力が試されました。また、大規模な災害が発生した際に、消防はもちろんのこと警察、自衛隊、地元の役所や住民の連携がいかに重要であるかを学びました。その後の異動では市区町村へ派遣され、防災関係の部署で勤務することになりました。自治体における災害対策の方針や進め方などを理解することができ、災害現場での活動にも役立っています。刻々と状況が変わる災害現場では100%の情報を得ることはできません。これまでの様々な経験を活かすとともに知識や技術を更に磨き、少ない情報でも最適な決断ができる大隊長になりたいと考えています。

MODEL

02

予防課予防係主任 (消防司令補)

消防署 予防課予防係 主任
平成13年入庁 千葉県出身
予防課予防係 主任(消防司令補)消防署 予防課予防係 主任 平成13年入庁 千葉県出身

災害対応からのキャリアチェンジを
支えてくれた上司の温かな指導

高校生の頃に、近くに住む一人暮らしの祖母がガスコンロの消し忘れでボヤを起こしてしまったことがきっかけで、高齢者への防災安全指導の重要性を感じ、そうした仕事に携わりたいと思い、入庁を決めました。ところが入庁後の消防学校の初任教育で、救急隊という新たな世界の魅力を知り、指揮隊の伝令を務めながら、入庁3年目に救急技術を取得し、それからは伝令と救急隊の兼務で充実した日々を過ごしていました。この間に結婚し、大きな転機が訪れたのが入庁6年目のことです。第1子に恵まれ、育児休業後に復職した先が予防課毎日勤務の防火管理係でした。子育てと仕事を両立していくうえで毎日勤務に移ることは想定していましたが、新たな業務を一から覚えることに不安があったのも確かでした。しかし、幸運だったのは新しく上司となった課長が、とても教育熱心な方だったことです。不安げな私を励まし、防火管理業務を基礎から丁寧に教えてくれたのです。このときの温かなサポートのおかげで、今の私があると思っています。

予防課予防係 主任(消防司令補)消防署 予防課予防係 主任 平成13年入庁 千葉県出身

建築や防火設備、法令など
知識が増えるほど手応えも増す予防業務

次の大きな転機が、防火管理係から予防係への異動でした。防火管理係は、事業所への防火防災管理者の届出指導などを主とするソフト面の業務です。これに対して予防係は、新たに建てられる建物の防火対策を審査するハード面の業務で、設計者や設備業者を相手とするため、専門的な知識が求められます。資格取得が知識の底上げにつながると考え、甲種消防設備士などを取得し、異動後しばらくは早く仕事を覚えるために集中して勉強しました。知識を得るほど仕事の面白さも増し、予防業務には2年ほどの育児休業をはさんで、10年近く携わっています。
現在は予防係の主任として、業務の中心的立場になったことで新たなやりがいが生まれました。その中でとくに意識しているのが部下の育成です。私のような出産や介護により、災害現場で活動する交替制勤務から毎日勤務へキャリア変更する職員は少なくありません。そうした人たちに予防の「現場」ならではの醍醐味を伝え、能力を発揮する手助けができればと考えています。

CLOSE